2020年06月28日

ヤマモモ公園のハマユウ

美しい用水の会の活動箇所の一つである、ヤマモモ公園の花壇に植えたハマユウが咲きました。アフリカハマユウとかインドハマユウとかいう品種だと思います。
漢字で書けば「浜木綿」。木綿(ゆう)というのは、神事のとき榊につけ垂れ下げるもので、花がこれに似て、白く垂れるからとのことです。

20200627_yamamomo_w_01.jpg
posted by m.ono at 09:07| 国分寺の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

美化作業(並木公民館親水施設)

並木公民館親水施設は、2月の末に水路の護岸の木杭の改修を行い、きれいになりました。上流部分の護岸の草がだいぶ伸びていたので、この部分の草刈りを重点的に行いました。
20200627_kominkan_01.jpg

20200627_kominkan_w_02.jpg

20200627_kominkan_w_04.jpg

水路の石垣に体長50cmくらいのヘビがいました。石垣の石の間にはまっている感じで、日向ぼっこをしているのか、全然動きませんでした。
20200627_kominkan_06.jpg

刈った草を袋に詰めました。
20200627_kominkan_w_07.jpg

親水施設の水路の砂利の中に泥が堆積してしまったので、泥を下流の泥溜めに流し、砂利を少し追加で入れました。
20200627_kominkan_09.jpg

草刈りの後の上流部分の水路です。すっきりきれいになりました。
20200627_kominkan_w_10.jpg

親水施設の水路も、流れの底の砂利がきれいに見えるようになりました。
20200627_kominkan_12.jpg
posted by m.ono at 15:16| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の散歩道で

フェンスから顔を出して、朝顔が咲いていました。いよいよ夏です。
20200627_kodaira_w_01.jpg

こちらの蔓の草は、ツタバウンラン(蔦葉海蘭)という名前でしょうか。地中海原産で、大正年間に入ってきたそうです。それが野生化しているとか。
20200627_kodaira_w_03.jpg
posted by m.ono at 08:18| 国分寺の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

散歩道での木の花

近所を歩いていたら、お宅の庭の真ん中に、ムクゲが堂々と咲いていました。花はあでやかですね。
20200626_honda_w_01.jpg

この後は、朝の散歩道で見つけた花です。
カラスウリのような大きな葉の脇から顔を覗かせていたので、何だろうと思いました。トウネズミモチでしょうか。あるいはネズミモチかもしれません。
20200626_kodaira_w_01.jpg

こちらも、垣根の隙間から出てきていたので、分かりにくいですが、サルスベリでしょうか。
20200626_kodaira_w_03.jpg

窓にかかったネットに伸びていました。小さい花です。アサリナという名前でしょうか。
20200626_kodaira_05.jpg
posted by m.ono at 20:32| 国分寺の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

並木町公園の砂川用水

梅雨らしい天気が続きます。並木町公園に沿って流れる砂川用水の護岸で、今年もネジバナを見つけました。1つだけなので、何か目印を置いて大事にして増やしたいと思います。
20200624_namiki-cho_01.jpg

黄色い花はダイコンソウでしょうか。あるいは、キツネノボタンの仲間かもしれません。金平糖のような丸い玉の実が付いています。これは、痩果(そうか)と呼ばれる果実の集合体。
20200624_namiki-cho_02.jpg
posted by m.ono at 05:47| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

皇居東御苑

昨日は、都心の方に用事があったので、約4ヶ月ぶりに、国分寺から東京方面に乗りました。ついでに、皇居の東御苑に行き、中をぶらぶら歩きました。平日のお昼時だったので、人が少なく、静かで良い雰囲気でした。

大手門から入って、本丸の方へ。縁をぐるっと回りました。春の花が終わったので、咲いている花は少ないなと思って歩いていましたが、よく見ると、咲いている花があります。

ヤブミョウガ(薮茗荷)が咲いていました。ミョウガ と名前が付いていますが、葉が似ているだけで、ツユクサの仲間です。花のアップがピンボケになってしまい、うまく撮れませんでした。
20200623_higashi-gyoen_w_01.jpg

広場のほうに行くと、ハマナスが咲いていました。実がだいぶ付いており、花は終わりの頃です、漢字では、「浜梨」と書きます。赤く熟した実が、甘酸っぱい梨に似た味がするからとか。
20200623_higashi-gyoen_03.jpg

20200623_higashi-gyoen_w_04.jpg

シモツケです。
20200623_higashi-gyoen_06.jpg

ハアザミ(葉薊)です。園芸種では、アカンサスと呼ばれているようです。アザミの葉に似ているので、アザミとついていますが、別の種類です。
20200623_higashi-gyoen_w_07.jpg

ワルナスビがここにも進出していました。
20200623_higashi-gyoen_w_09.jpg

タイサンボクの大木が何本もありました。名前のとおり、木も花も大きい。
20200623_higashi-gyoen_w_11.jpg

二の丸の方に下りて行くと、雑木林が広がっています。昭和天皇のご発意により、武蔵野の雑木林として造成されたものだそうです。中をくまなく歩けば色々見つかるでしょうが、縁を歩いただけでも、結構ありました。

ノリウツギ(糊空木)です。アジサイの仲間ですが、趣が少し違います。樹皮に含まれる粘液を利用して製紙用の糊を作ったそうです。ハナムグリが蜜を吸いに来ていました。
20200623_higashi-gyoen_13.jpg

20200623_higashi-gyoen_w_14.jpg

ヤマハギの花に、シジミチョウ(ウラゴマダラシジミ?)が蜜を吸いに来ていました。
20200623_higashi-gyoen_w_16.jpg

オレンジ色のユリのような花、ノカンゾウ(野萱草)が咲いていました。ユリ科・ワスレグサ属で、ニッコウキスゲも同じ仲間です。ワスレグサは「忘れ草」で、ワスレナグサではありません。
20200623_higashi-gyoen_w_18.jpg

東側の奥には、菖蒲田と池があります。
20200623_higashi-gyoen_20.jpg

花菖蒲に気品を感じるのは、私だけでしょうか。
20200623_higashi-gyoen_w_21.jpg

池には、ヒメコウホネ(姫河骨)が咲いていました。名前のプレートの写真を撮ったらムギワラトンボが止まっていました。後で写真を見て、気付きました。
20200623_higashi-gyoen_23.jpg

20200623_higashi-gyoen_24.jpg

ヒツジグサ(未草)も咲いていました。スイレンのこと。一般的には、野生種をヒツジグサ、園芸種をスイレンと呼んでいるらしいです。漢字の名前の「未(ひつじ)」は、未の刻(ひつじのこく)のことで、花が午後2時頃に咲くからとのことです。
20200623_higashi-gyoen_w_25.jpg

平川門の近くに都道府県の木のエリアがあります。1本だけ花が咲いていました。カイコウズ(海紅豆)。鹿児島県の県木です。南アメリカ原産ですが。アメリカデイゴ(亜米利加梯梧)と呼ばれることが多いとか。
20200623_higashi-gyoen_27.jpg
posted by m.ono at 09:04| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

身近な野草

仲間からいただいた、身近で見つけた野草の写真です。

ネジバナとキキョウが、自宅の庭に咲きました。
こちらは、ネジバナ(捩花)。モジズリ(捩摺)とも呼ばれています。
古今集・小倉百人一首の中の河原左大臣の歌に詠まれています。
「陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに」
「奥州の信夫郡から産出するもじ摺の衣の乱れ模様のように、私の心は乱れ始めた。
・・・いったい誰のせい・・・あなたのせいですよ。」
と、恋心をうたったものだそうです。
20200623_kokubunji_01.jpg

こちらは、キキョウ(桔梗)。ご存知、秋の七草の一つ「朝顔の花」ですね。これから夏なのに。暑い夏に涼を添えてくれます。
20200623_kokubunji_02.jpg

アメリカオニアザミ。建設中の都道に毎年咲きます。「こいつめ!またやってきたか!」 環境省指定の要注意外来生物です。
20200623_kokubunji_03.jpg
posted by m.ono at 20:08| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

八重咲きのクチナシとユリの花

早朝の散歩道を歩いていたら、なんとなく甘い香りが。八重咲きのクチナシが咲いていました。
20200622_kodaira_w_01.jpg

ユリの花が咲いているのを、方々で見かけるようになりました。昨日は、庭の中に白い大輪の花が咲いているのを見たのですが、今日は無くなっていました。家の人が切り取って花瓶に挿したのでしょうか。
20200622_kodaira_w_03.jpg

20200622_kodaira_w_05.jpg
posted by m.ono at 14:11| 国分寺の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

小平あじさい公園

小平グリーンロードの狭山・境緑道は、村山貯水池から境浄水場に送られる導水管の上をほぼ直線に走る、大変歩きやすい遊歩道です。八坂から花小金井までは、西武線がほぼ平行に走っています。
20200621_kodaira_01.jpg

小平駅からグリーンロードを花小金井のほうへ約300m歩くと、小平市のあじさい公園があります。今日は、ここに行ってきました。あまり広くはありませんが、庭園式の公園です。オーソドックスな種類が多いですが、殆どアジサイで埋め尽くされています。残念ながら、アジサイの盛りは少し過ぎていたようですが、まだ沢山咲いています。
20200621_kodaira_02.jpg

20200621_kodaira_03.jpg

20200621_kodaira_04.jpg

池には、ハスの花が咲き始めました。こちらは、これからです。
20200621_kodaira_w_05.jpg

公園の北側と西側の縁を小川用水が流れています。よく整備されていて、きれいな流れです。ホタルの復活をめざしているらしいです。
20200621_kodaira_07.jpg

緑道の脇に、白い花のキョウチクトウが咲いていました。昨日のブログで紹介したトウキョウチクトウらしき花とよく似ていますが、こちらは、葉からみてキョウチクトウです。
20200621_kodaira_w_08.jpg

公園の中に咲いていた花。これは、セイヨウニンジンボクでしょうか。これは、明治時代に入ってきたそうです。「ニンジン」という名前がついているのは、葉の形が朝鮮ニンジンに似ているからとか。
20200621_kodaira_w_10.jpg
posted by m.ono at 19:51| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

朝の散歩道で

今日は再び、早朝の散歩道で見かけた花を紹介します。
タイサンボク(泰山木)だと思われます。堂々とした名前と、木の感じがぴったりです。名前から中国原産かと思いきや、北アメリカ原産です。
20200620_kodaira_w_01.jpg

検索で調べたら、トウキョウチクトウ(唐夾竹桃)と出ました。花の形が微妙に違う感じです。どなたか分かりますか。
20200620_kodaira_w_03.jpg

ヤマハギ(山萩)です。花の写真のピントが少しぼけてしまいました。
20200620_kodaira_w_05.jpg

6/17に紹介したものと同じ「ハンゲショウ(半夏生)」が民家の玄関脇に咲いていました。
20200620_kodaira_w_07.jpg
posted by m.ono at 16:13| 国分寺の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする