2020年07月05日

姿見の池緑地の花

今日は作業のため久しぶりに姿見の池緑地に行きました。上流の水路周辺と池の周りには色々な花が咲いていました。
20200705_sugatami_01.jpg

水路の上流側の入口には、ヒルガオとヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)が咲いています。小平の砂川用水のところにも咲いていましたが、ここではいたるところに咲いています。
20200705_sugatami_02.jpg

20200705_sugatami_w_03.jpg

水路の中間付近に、ヤブカンゾウ(薮萱草)が咲いていました。
20200705_sugatami_w_05.jpg

近くには、白いユリがすらっと伸びて花を咲かせ、ムクゲの花も沢山咲いています。
20200705_sugatami_w_07.jpg

その脇には、ヤブガラシ(藪枯らし)が茂っています。
水路の歩道の反対側の緑地の中に、ワルナスビ(悪茄子)が群生していました。侵入していると言ったほうがぴったりきます。最近、方々でワルナスビが咲いているのを見まかけます。花を見ていると、本当に悪いやつに見えてくるから不思議です。
20200705_sugatami_w_09.jpg

池のほとりに、ハンゲショウ(半夏生)が茂っています。これだけ沢山あると見事です。
20200705_sugatami_11.jpg

20200705_sugatami_w_12.jpg

池の下流側の湿地には、ミソハギ(禊萩)が茂っています。あるいは、エゾミソハギ(蝦夷禊萩)かもしれません。エゾと付いていますが、日本全国で見られるそうです。
20200705_sugatami_w_14.jpg

日影山の林の中に、ホタルブクロが咲いていました。
20200705_sugatami_w_16.jpg
posted by m.ono at 17:44| 国分寺の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小平市上水中学の北側の用水

一昨日流れがまた止まったと報告した、小平市上水中学北側の稲荷神社のところの砂川用水。今朝はまた、流れていました。昨晩の雨は、日付が変わる頃にはやんだので、降雨によるものだけではなさそうです。最近は、雨がよく降るので、ゴミ詰まりで流れが頻繁に止まります。今日の流れの水量は、非常に少ないので、また止まってしまいそうです。
20200705_kodaira_01.jpg

20200705_kodaira_02.jpg

20200705_kodaira_03.jpg

近くの散歩道にはキキョウが咲いていました。
20200705_kodaira_w_04.jpg
posted by m.ono at 08:22| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

目立たない植物たち

今日は、目立たない植物たちを集めてみました。
熊野神社通りの西武国分寺線の両側の道路建設予定の空地に、ヘラオオバコ (箆大葉子)が一面に生えています。ヨーロッパ原産で、江戸時代末期に入ってきたそうですが、外来生物法で要注意外来生物に指定されています。道端ではあまり見かけませんが、「オオバコのような踏みつけ耐性はない」とのことですので、そのせいかもしれません。
20200704_kokubunji_w_01.jpg

生垣をヤブガラシ(藪枯らし)が覆って、小さな花を咲かせていました。薄緑色のものは花で、橙色のものは、花の後に残った花盤(盤状の花托)だそうです。この花盤は蜜が豊富で、蜂や蝶などの昆虫がよく集まるとか。生育が旺盛で、結構厄介者です。
20200704_kokubunji_w_03.jpg

フェンスと家の狭いところにタケニグサ(竹似草)が生えていました。茎を切ると出る黄色の汁は、アルカロイド物質を含み毒性があるとのことですので、ご注意あれ。
20200704_kokubunji_w_05.jpg
posted by m.ono at 09:04| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

小平市上水中学の北側の用水

昨日流れが復活していた小平市上水中学北側の稲荷神社のところの砂川用水。今朝はもう、止まっていました。一昨日の夜に降った雨による、一時的なものだったのでしょうか。ぬか喜びでした。残念。護岸には、夏の草花が咲き始めているというのに。
20200703_kodaira_01.jpg

20200703_kodaira_02.jpg

ここにもオシロイバナが咲いています。
20200703_kodaira_w_03.jpg

これは、ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)でしょうか。南アフリカ原産ですが、フランスで交配された園芸品種で、明治の中頃に入ってきたそうです。繁殖力が旺盛で、野生化しています。栽培が条例で禁止されている県もあるとか。水仙と名前がついていますが、アヤメ科の植物です。
20200703_kodaira_w_05.jpg
posted by m.ono at 09:07| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

恋ヶ窪村分水の草刈り

恋ヶ窪村分水遺構の東側は遊歩道になっています。遊歩道の東側の畑との間の樹林地のアズマネザサが勢いよく伸びてしまったので、市に申し出て、草刈りを行いました。市の職員も2名応援に駆けつけてくださり、総勢12名が参加しました。
20200702_koigakubo_01.jpg

20200702_koigakubo_w_02.jpg

草刈り機5台同時に使い、アズマネザサを刈りましたが、中に葛の蔓が隠れていて、やっかいな作業でした。自然の保全に配慮して、草を10~20cmの高さに刈りました。
その他の人は、遊歩道の西側のフェンス際の草刈りや刈った草を集める作業をしました。
20200702_koigakubo_w_04.jpg

20200702_koigakubo_w_06.jpg

約2時間の作業で、すっきりきれいになりました。今日は、梅雨の合間の晴天で、気温も上昇する中、皆さんお疲れ様でした。
20200702_koigakubo_w_08.jpg
posted by m.ono at 15:54| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小平市上水中学の北側の用水

今朝歩いていたら、小平市上水中学北側の稲荷神社のところに、砂川用水の流れが戻っていました。水量はやや少なめですが。
約ひと月間、流れが止まっている間に、用水の底には草が茂ってしまいました。少しうっとうしい感じですが。とにかく流れが復活してよかったです。一時的なものでなければよいのですが。
20200702_kodaira_01.jpg

20200702_kodaira_02.jpg

岸辺には、アガパンサスが咲いていました。ムラサキクンシラン(紫君子蘭)とも呼びますね。最近、いたるところで咲いているのを見かけます。
20200702_kodaira_w_03a.jpg
posted by m.ono at 07:53| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

近所の庭先で

向かいのお宅の庭先に咲いていました。キョウチクトウ(夾竹桃)。子どもの頃、そこら中にあったので、関心がありませんでしたが、花をしみじみ眺めてみると、意外にかわいい。名前の由来は、葉が竹に、花が桃に似ているからとか。
花や葉、枝、根や果実などのすべての部分にオレアンドリンという毒の成分が含まれていて、「歴史上でもアレキサンダー大王の軍隊で、夾竹桃の枝を串にして肉を焼いたために兵士が死んだと伝えられている」と書かれていましたが、本当かな。とにかく、お気を付けあれ。
20200630_kokubunji_w_01.jpg

こちらの花も庭先に咲いていました。色々調べて、やっとそれらしきものに当たりました。ルリヤナギ(瑠璃柳)でしょうか。南アメリカ原産で、文永年間に琉球をへて入ってきたそうです。リュウキュウヤナギ(琉球柳)とも呼ばれます。ヤナギと名前に付きますが、ナス科の植物です。
20200701_kokubunji_w_01.jpg
posted by m.ono at 09:04| 国分寺の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

道端のヤブカンゾウ

並木町のカレー屋さんの駐車場の向かいの自動車整備工場のフェンスにヤブカンゾウが咲いていました。「こんなところに」と、びっくり。
20200629_namiki_w_01.jpg

その脇には、ユリが伸びていました。まだ蕾ですが、葉の付け根に、黒紫色の珠芽(むかご)が沢山ついていました。日本には、珠芽をつけるユリは、オニユリしかないそうです。花が咲くのが楽しみです。
20200629_namiki_w_03.jpg
posted by m.ono at 07:51| 国分寺の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

「アウトドアギャラリー @ お鷹の道」ご案内

event_20200707_ex.jpg

3月28~29日に並木町公園で開催する予定だった「春の草花鑑賞会」が新型コロナウィルス感染拡大防止のために中止になりました。

作家たち有志が、その時に展示する予定だった作品を、場所を変えて展示する企画をおこないます。詳細は、こちらをご覧ください。

時節柄、3密にならないように、ぼちぼちお出かけください。
posted by m.ono at 17:38| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の散歩道にオシロイバナ

朝の散歩道にオシロイバナが咲いていました。昔はアサガオとともにそこいら中に見られましたが、最近は見なくなった感じがしていました。素朴な花に、昭和を感じるのは、私だけでしょうか。別名「夕化粧(ゆうげしょう)」と呼ばれますね。夕方から咲いて、翌日の午前中にはしぼんでしまうそうです。

20200629_kodaira_w_01.jpg

20200629_kodaira_w_03.jpg
posted by m.ono at 08:23| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする