2021年04月15日

高尾山口駅から裏高尾へ

4月13日に国分寺市にふるさとをつくる会の「多摩の自然を楽しく学ぶ会」がありました。講師の指導のもと植物を観察しながら歩く会です。本年度第1回の開催でした。沢山の植物を観察したので、長くなりますが、お時間のある方は、ご覧ください。

京王線の高尾山口駅から高尾駅方面に戻ります。氷川神社の境内の老巨木に着生しているノキシノブ(軒忍)です。寄生植物と違って、くっついている植物から養分を吸収しない着生植物だそうです。自立したエコライフを送っているらしい。

20210413_ura-takao_w_01.jpg

これはキランソウ(金瘡小草)です。別名ジゴクノカマノフタとも呼ばれます。根生葉が地面に張り付くように放射状に広がる様子が、地獄の釜の蓋に似ているからとのことです。

20210413_ura-takao_w_03.jpg

ここから少し歩いたところの田圃と道路の間に色々な草花が咲いていました。
カラスノエンドウと並んでスズメノエンドウ(雀野豌豆)が咲いていました。カラスノエンドウより小型なので「スズメ」になったそう。その中間にカスマグサというのがあります。これは、カラスの「カ」とスズメの「ス」の間ということらしい。

20210413_ura-takao_05.jpg

黄色い花は、クサノオウ。草を折ると有毒アルカロイド成分を含む黄色い乳液が出ます。皮膚に触れると炎症を起すそうですので、お気を付けあれ。

20210413_ura-takao_w_06.jpg

ムラサキケマン(紫華鬘)です。

20210413_ura-takao_w_08.jpg

少し歩いた道端にミツバウツギ(三葉空木)が咲いていました。若葉にはゴマ油のような風味があり、食用になるそうです。昔は、乾燥させた若菜を備蓄しておき、コメ不足の時に、御飯に混ぜて量増しに使ったとか。

20210413_ura-takao_10.jpg

アケビ(木通)が咲いていました。左の写真は雄花。少し離れたところに雌花(右)が咲いていました。

20210413_ura-takao_w_11.jpg

甲州街道にぶつかり、案内川を渡る橋のところにオニグルミ(鬼胡桃)が咲いていました。枝の根元に房のようにぶら下がっているのが雄花。雌花は枝先の穂のようになっているものです。

20210413_ura-takao_13.jpg

20210413_ura-takao_14.jpg

民家の庭先に咲いていました。ナギイカダ(梛筏)です。葉は退化していて、葉に見えるのは、末端の茎だそうです。この葉状茎の上に花が1個つきます。

20210413_ura-takao_w_15.jpg

ケマンソウも咲いていました。「ケマン」は仏具の華鬘(仏前に飾る花輪)のことです。別名タイツリソウ(鯛釣草)。見ての通りですね。

20210413_ura-takao_w_17.jpg

上椚田橋から高尾梅郷遊歩道に入りました。南浅川に沿って、上流に向かって歩きます。
道端にスイバ(酸い葉)が咲いていました。茎を折って噛むと酸っぱい味がします。

20210413_ura-takao_w_19.jpg

シャガ(射干)が群生していました。講師からシャガの葉について説明がありました。シャガの葉は表裏に見えるところが、実は両面とも裏だそうです。説明が難しいので、こちらをご覧ください。

20210413_ura-takao_21.jpg

20210413_ura-takao_22.jpg

ここから山野草が沢山。
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)です。ツバメが飛んでるような形の花からとか。明治時代に中国から入ってきた帰化植物で、東京を中心に分布しているそうです。

20210413_ura-takao_23.jpg

オドリコソウ(踊子草)が咲いていました。花が輪生したようすが、笠をかぶって踊る踊子に似ているから。これは、日本に昔からあるもの。ヒメオドリコソウは、明治時代中期に渡来した帰化植物です。オドリコソウのほうが、何となくかわいい。

20210413_ura-takao_w_24.jpg

ニリンソウ(二輪草)が至るところに咲いています。花が2個ずつつくためのだそうですが、実際には1個の場合や3個の場合もあります。

20210413_ura-takao_w_26.jpg

蛇滝に行く道には、緑の花のニリンソウが咲いていました。

20210413_ura-takao_28.jpg

ニリンソウの近くには、イチリンソウ(一輪草)の群生も見られます。この二つは同種で、葉や茎は早春に地上部に現れ、初夏には枯れる、スプリング・エフェメラル(春植物)と呼ばれています。

20210413_ura-takao_29.jpg

ネコノメソウの仲間です。ヤマネコノメソウでしょうか。

20210413_ura-takao_30.jpg

高尾山はスミレの宝庫です。
タチツボスミレです。ごく身近に見られるスミレ類の一つ。

20210413_ura-takao_w_31.jpg

ツボスミレです。タチツボスミレに次いで普通に見られます。

20210413_ura-takao_w_33.jpg

タカオスミレが咲いていました。全国に分布していますが、高尾山で最初に発見されたことから、その名が付けられたとか。ヒカゲスミレの変種だそうです。

20210413_ura-takao_w_35.jpg

キケマン(黄華鬘)です。

20210413_ura-takao_w_37.jpg

ヤマエンゴグサ(山延胡索)です。

20210413_ura-takao_39.jpg

コクサギ(小臭木)の花が咲いていました。雌雄異株で、雌花は単生、雄花は総状花序。これは、雄花です。

20210413_ura-takao_w_40.jpg

クサイチゴ(草苺)。草本のように見えますが、実際は木本です。

20210413_ura-takao_42.jpg

ラショウモンカズラ(羅生門葛)です。能の「羅生門」から。大きくふっくらとした花の感じを、羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼女の腕に見立てたものだそうです。

20210413_ura-takao_43.jpg

ウバユリ(姥百合)。花期は7~8月です。

20210413_ura-takao_44.jpg

こちらは、サイハイラン(采配蘭)です。花期は6月上旬~7月上旬頃。名前の由来は、花序の様子を戦で軍勢を率いる際に用いた采配に見立てたものだそうです。

20210413_ura-takao_45.jpg

旧甲州街道から分かれて、蛇滝の方に向かいました。
テンナンショウ(天南星)が咲いていました。「天南星」とは中国で夜空に広がる星の意味で、葉の広がる様子をたとえたものだそうです。

20210413_ura-takao_47.jpg

すぐ傍らには、同じテンナンショウ属のムサシアブミ(武蔵鐙)が咲いていました。名前の由来は、花(仏炎苞)の形が鐙に似ていて、武蔵の国の鐙が有名だったからとのことです。

20210413_ura-takao_46.jpg

オオハナワラビ(大花蕨)です。

20210413_ura-takao_48.jpg

ヤドリギ(宿り木 )がありました。普通は高いところにあり、このように目の高さにあるのは珍しいのだそうです。誰か(何か)にむしられた感じです。

20210413_ura-takao_49.jpg

ツルネコノメソウです。

20210413_ura-takao_50.jpg

ホウチャクソウ(宝鐸草)が咲いていました。名前の由来は、垂れ下がって咲く花が、お寺の堂の四隅の軒に下げた宝鐸に似ているからとか。

20210413_ura-takao_51.jpg

ヨゴレネコノメソウ(汚れ猫の眼草)です。

20210413_ura-takao_52.jpg

ゴールは蛇滝水行道場参籠所です。階段の石垣にイワタバコ(岩煙草)が生えていました。こんなに目の高さにあるのは珍しいのだそうです。花期は夏の6~8月頃です。

20210413_ura-takao_54.jpg

同じ石垣にマメヅタが生えていました。

20210413_ura-takao_55.jpg
posted by m.ono at 11:43| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

姿見の池緑地

今日は、ブログ管理人が参加している美しい用水の会とは別の団体「姿見の池緑の会」の活動日でした。
昨年秋頃から国分寺地域では、「カシノナガキクイムシ」によるコナラのナラ枯れ被害が目立つようになりました。姿見の池緑地でも多くの被害が出ています。詳しくは、「国分寺市にふるさとをつくる会」の2月の会報をご覧ください。今日は、被害が見られるコナラの中で10本を選んで「カシナガブロック」を幹に噴霧して病害虫の侵入・脱出防止の対策を試験的に行いました。

20210207_sugatami_w_01.jpg

20210207_sugatami_w_03.jpg

昨年の秋から雨が殆ど降っていないため、姿見の池の上流の水路の水は非常に少なくなっています。

20210207_sugatami_05.jpg

姿見の池はまだまだ冬の静けさですが、カモがのんびり泳いでいます。

20210207_sugatami_06.jpg

20210207_sugatami_07.jpg

地面には虫が動き出したのでしょうか、ムクドリがついばんでいました。

20210207_sugatami_w_08.jpg

姿見の池から帰る途中の線路沿いの歩道にロウバイが咲いていました。

20210207_sugatami_w_10.jpg
posted by m.ono at 20:42| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

元町用水の紅葉と水車

お鷹の道に沿って流れる元町用水の紅葉がきれいです。用水に置いた水車が景色に溶け込んで軽やかに回っています。
動画もご覧ください。

20201214_motomachi-yosui.jpg
posted by m.ono at 17:48| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

「トロールの森2020」終了しました

20201129_trolls_01.jpg

11月3日(火)~23日(月)、善福寺公園で開催された「トロールの森2020」が終了しました。足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました。水車の展示も好評でした。
昨年、水車の映像を撮ってくれたカメラマンが、今年もYouTubeの動画を作成してくれました。さらにパワーアップしています。ご覧ください。
posted by m.ono at 09:44| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

浴恩館公園から都立小金井公園散策

11月20日に国分寺市にふるさとをつくる会の「ふるさとの自然と歴史を訪ねる会」がありました。今回は、東小金井駅から浴恩館公園の中の小金井市文化財センターで小金井市の歴史と文化を学び、その後、都立小金井公園に行き、園内の自然観察をしてから、江戸東京たてもの園の中を見学する、文化的な散策でした。
浴恩館公園の中は木々が様々な色に紅葉(黄葉)して、静かな晩秋の気配が濃い、良い雰囲気でした。

20201120_koganei_01.jpg

「浴恩館」は、かつて青年団講習所であった建物で、現在は、小金井市の博物館として使われています。

20201120_koganei_02.jpg

都立小金井公園では、スタッフが講師となり、樹木を観察しました。

20201120_koganei_03.jpg

江戸東京たてもの園の中の「高橋是清邸」の2階から庭園の紅葉は絶景です。

20201120_koganei_04.jpg

この後は、東小金井駅から歩く途中の道筋で見つけた木々をいくつか紹介します。
ソヨゴが赤い実を付けていました。漢字では「冬青」と書きます。波状の葉が風に揺れ、音を立てる(=そよぐ)ことからソヨゴとなったそうです。

20201120_koganei_05.jpg

シマトネリコの実が枝先からぶら下がっていました。

20201120_koganei_06.jpg

都立小金井公園の正面口から入ると、すぐにコウテイダリア(皇帝ダリア)が迎えてくれました。

20201120_koganei_07.jpg

いこいの広場のマテバシイの大木です。よく見ると、葉の裏にたくさんのセミの抜け殻が残っていました。

20201120_koganei_w_08.jpg

最後におまけの1枚。広場の地面に広がる色とりどりの落ち葉です。

20201120_koganei_10.jpg
posted by m.ono at 21:32| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

晩秋の昭和記念公園

11月13日に国分寺市にふるさとをつくる会の「多摩に歩く会」がありました。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、しばらく活動を休止していましたが、まず近場から再開です。昭和記念公園の中を紅葉(黄葉)を眺めながらのんびり歩きました。つい最近、紅葉が見頃だと新聞やテレビで報道されたためか、シニア世代の人々で結構賑わっていました。
西立川口から入りました。園内は晩秋の気配が漂っています。

20201113_showa-koen_01.jpg

まず、紅葉(黄葉)の様子をご覧ください。
左手に回って、「かたらいのイチョウ並木」を歩きました。夜にはライトアップされるそうです。

20201113_showa-koen_02.jpg

次は、「日本庭園」に入りました。モミジが美しく紅葉していました。

20201113_showa-koen_03.jpg

20201113_showa-koen_04.jpg

20201113_showa-koen_05.jpg

あけぼの口に向かう「カナール」のイチョウ並木も美しく色づいていました。

20201113_showa-koen_06.jpg

園内で見つけた草木を紹介します。
西立川口から左手に少し行ったところに、メタセコイアがあります。黄葉し始めていましたが、実がついた葉もありました。

20201113_showa-koen_07.jpg

20201113_showa-koen_w_08.jpg

ヒノキも部分的に黄葉していました。常緑樹でも葉の寿命が来れば黄葉して落葉するとのこと。因みに、メタセコイアの葉は寿命が1年未満なので落葉樹で、スギやヒノキは、葉の寿命が2年以上あるので、常緑樹で、黄葉の分量は少ないとのことです。

20201113_showa-koen_10.jpg

ヒイラギ(柊)の花が咲いていました。

20201113_showa-koen_w_11.jpg

イイギリ(飯桐)の赤い実がなっていました。大きな葉が、昔、食器代わりに飯(おこわ)を包むのに使われたことから、「飯桐」と名付けられたとか。実がナンテンに似ていることから、別名をナンテンギリとも言います。

20201113_showa-koen_w_13.jpg

小春日和の陽光を受けて、サザンカ(山茶花)が咲いていました。11月7日の立冬の日は、七十二候の「山茶始開(つばきはじめてひらく)」でした。「つばき」とありますが、山茶花のことだそうです。この頃から、サザンカが咲いているのを見るようになりました。

20201113_showa-koen_15.jpg

「こもれびの丘」の手前の「花の丘」には、まだコスモスが咲いています。

20201113_showa-koen_w_16.jpg

その隣の「こもれびの里」は、里山の自然を再現した区画です。道端に野菊が咲いていました。野菊にはたくさんの種類がありますが、詳しい名前はわかりません。

20201113_showa-koen_18.jpg

「みんなの原っぱ」に出てきました。花壇に色とりどりの花が植えられていました。

20201113_showa-koen_19.jpg

「ハーブ園」に咲く花に惹きつけられてハチやチョウが蜜を吸いに来ていました。

20201113_showa-koen_w_20.jpg

おまけに、園内の様子を紹介します。
園内を「パークトレイン」が走っています。

20201113_showa-koen_22.jpg

木の幹にこんな遊びもありました。

20201113_showa-koen_w_23.jpg
posted by m.ono at 08:41| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

「トロールの森2020」で水車を展示しています

10月31日に紹介した「トロールの森2020」が始まりました。新作のクラフト水車が楽しく回っています。動画に撮りました。ご覧ください。まだ始まったばかりですので、お時間のある方、宜しかったらお運び下さい。11月23日までやっています。

20201105_trolls_01.jpg

こちらは、昨年の映像です。昨年知り合ったカメラマンが、YouTubeの動画にしてくれました。こちらもご覧ください。
posted by m.ono at 15:43| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

都立長沼公園散策

10月20日に国分寺市にふるさとをつくる会の「多摩の自然を楽しく学ぶ会」がありました。講師の指導のもと植物を観察しながら歩く会です。前回に続き、2度目の参加でした。
京王線の長山駅を出発して、都立長沼公園の中を植物を観察しながら歩きました。ゆっくり歩いて、なんと30種類以上の植物を見つけました。その一部を紹介します。

長沼駅を出発してすぐの道端のフェンスにマルバルコウソウが絡んで咲いていました。最近あちこちで見かけます。サツマイモの仲間です。

20201020_naganuma_w_01.jpg

向かいの住宅の垣根からスイフヨウが顔を出していました。酔芙蓉と書きます。花の色が朝は白、午後は桃色、夕方は紅色に変化することから、色が変わるさまを酔って赤くなることに例えたとか。

20201020_naganuma_w_03.jpg

公園に行く道は水路に沿っていて、小さな水田がありました。稲刈りが終わった水田で植物観察です。

20201020_naganuma_05.jpg

コナギです。花の時期は過ぎているようです。代表的な水田雑草とか。

20201020_naganuma_06.jpg

公園から流れてくる水路に色々な植物が生えていました。

ミゾソバ(溝蕎麦)です。見た目が蕎麦に似ているのでこの名がついているそうですが、タデ科の植物です。葉の形が牛の額に見えることからウシノヒタイ(牛の額)とも呼ばれます。

20201020_naganuma_w_07.jpg

ミゾソバに混じってヤナギタデ(柳蓼)が咲いていました。「蓼食う虫も好きずき」の語源になっています。辛味のある葉を刺し身のつまにしたり、すり潰して酢に混ぜ蓼酢にしたりします。

20201020_naganuma_09.jpg

さらに水路に沿って公園の入口に向かいます。

水路の中にタカサブロウ(高三郎)が生えていました。花が終わった後のようです。

20201020_naganuma_w_10.jpg

これはカシワバハグマ(柏葉白熊)です。「白熊(ハグマ)」とは、僧が使う仏具である払子や兜などにつけるのヤクの尾の毛でつくった飾りのことで、花冠の細長い裂片のようすをそれに見立てたものとか。日本固有種だそうです。

20201020_naganuma_w_12.jpg

公園の入口に着きました。長沼口から霧降の道を進みます。柿の木谷戸に沿ってなだらかな登りです。たくさんの植物があったので、ゆっくりペースで歩きました。

20201020_naganuma_14.jpg

サイハイラン(采配蘭)です。花期は春なので今は咲いていませんが、名前の由来は、花序の様子を戦場で指揮官が兵を指揮する采配に見立てたものだそうです。1株に1枚だけしか葉をつけない珍しい形態の植物です。

20201020_naganuma_15.jpg

オニドコロ(鬼野老)が木の枝に絡んでいました。花は終わって実がついています。根茎が曲がってひげ根が多い事から野の老人で「野老」となったらしいです。

20201020_naganuma_16.jpg

ユウガギク(柚香菊) です。若葉を揉むと柚子の香りがするそうです。花の咲く頃ではもう遅い。

20201020_naganuma_17.jpg

イヌタデ(犬蓼)です。ヤナギタデに対し、葉に辛味がなくて役に立たないので「イヌタデ」となったらしい。赤い小さな花や果実を赤飯に見立て、別名アカノマンマともよばれます。

20201020_naganuma_18.jpg

こちらは、ハナタデ(花蓼)です。

20201020_naganuma_19.jpg

アキノタムラソウが咲いていました。姿見の池緑地でも普通に見られます。

20201020_naganuma_w_20.jpg

ミズヒキ(水引)が咲いていました。これもタデ科イヌタデ属です。花を裏返してみると白いので、「水引」となったのもうなずけます。

20201020_naganuma_22.jpg

ノダケ(野竹)です。竹と名前がついていますが、セリ科の植物です。

20201020_naganuma_w_23.jpg

途中で地層の説明を受けています。

20201020_naganuma_25.jpg

茎を伸ばして白いブラシのような花を付けているのは、サラシナショウマ(晒菜升麻)です。

20201020_naganuma_w_26.jpg

キバナアキギリ(黄花秋桐)です。別名コトジソウと呼ばれます。コトジとは、琴の弦をささえる「琴柱」のことです。葉の形が三角形で、これに似ているからとか。

20201020_naganuma_w_28.jpg

頂上園地に着きました。広々とした野芝の広場で、ここで昼食です。

広場の縁には立派なススキの株が穂をつけていました。ここでススキの穂を詳しく観察しました。一見単純そうに見えて、実は複雑な構造をしています。

ここからは、野猿の尾根道を歩き、栃本尾根を下りました。

ガマズミ(蒲染)の赤い実がなっていました。実は甘酸っぱく、野鳥が好んで食べるそうです。

20201020_naganuma_30.jpg

トネアザミです。関東地方でもっとも普通に見られるアザミだそうです。

20201020_naganuma_w_31.jpg

野猿の尾根道です。

20201020_naganuma_33.jpg

栃本尾根を下り始めてから、タケニグサ(竹似草)がありました。茎は中空で、切ると有毒の黄色の乳液を出すそうです。

20201020_naganuma_34.jpg

タマノカンアオイ(多摩の寒葵)です。花期は春なので、今は咲いていません。多摩川付近の多摩丘陵とその周辺に分布する種類だそうです。

20201020_naganuma_35.jpg

こちらは、コバノガマズミ(小葉蒲染)です。葉の先端が鋭く尖り、縁のギザギザ(鋸歯)が目立つのが特徴です。

20201020_naganuma_36.jpg

コウヤボウキ(高野箒) です。1年目の枝につく葉は幅広い卵型で、2年目は細長い形をしています。花は、1目の茎に一輪ずつ咲きます。かつて高野山では、弘法大師の教えで果樹や竹などの有利植物の植栽を禁じられていたため、この植物で作った箒が用いられていたことが、名前の由来だそうです。古くから、玉箒(たまぼうき、古くは「たまははき」)と呼ばれる箒の材料とされたそうです。正倉院にある宝物の一つである子日目利箒(ねひめとほうき)はコウヤボウキを材料としたものであることがわかっています。

20201020_naganuma_w_37.jpg

きれいに手入れされた竹林を抜けると、公園の出口に着きました。

20201020_naganuma_39.jpg
posted by m.ono at 11:05| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

高尾駅から多摩御陵へ

9月29日に国分寺市にふるさとをつくる会の「多摩の自然を楽しく学ぶ会」がありました。講師の指導のもと植物を観察しながら歩く会です。初めて参加させていただきました。

早速、高尾駅北口付近の植物の観察です。
オオモクゲンジです。あまり見かけない珍しい木です。茶色い袋状のものは実です。

20200929_takao_w_01.jpg

これはネナシカズラ。針金のような茎が他の植物に巻き付き、それに根を入り込ませ栄養分を横取りします。発芽直後は土に根を張るが、寄生根を出すと地中の根は枯れる、100%の寄生生活です。

20200929_takao_w_03.jpg

これはオオブタクサ。

20200929_takao_w_05.jpg

広い場所のある熊野神社に移動して開会式です。社殿の左側にある巨木は、ケヤキとシラカシが根元で一体になっている御神木です。恋人伝説があり、縁結びのご利益があるとか。

20200929_takao_07.jpg

20200929_takao_08.jpg

神社の境内にナギの木が植えられています。熊野神社の御神木とされている木だそうです。葉は長卵形ですが、針葉樹です。葉脈が縦方向に平行なのが特徴。葉を縦方向に引っ張っても容易に切れないことから、夫婦円満や縁結びにご利益があるとされています。実が成っていました。

20200929_takao_w_09.jpg

甲州街道に架かる歩道橋の上から撮りました。イチョウ並木です。大正天皇陵「多摩御陵」の完成に伴って植樹されました。甲州街道追分町交差点から高尾駅北口前までの約4kmにわたり、約770本が植えられています。茶色に色づいているのは、銀杏です。

20200929_takao_11.jpg

ここから旧甲州街道を歩きました。道の脇に水路が流れていて、気持ちの良い道です。

20200929_takao_12.jpg

水路に覆いかぶさるように、シュウカイドウが咲いていました。

20200929_takao_13.jpg

古道橋を渡って、陵南公園の入口にコスモスが咲いていました。キバナコスモスに交じって普通のコスモスもあります。葉の形が違います。普通のコスモスは細くて弱々しい。コスモスの花にツマグロヒョウモンが止まっていました。

20200929_takao_w_14.jpg

公園の中にホルトノキがあります。「ホルト」とはポルトガルのことで、平賀源内が命名したとのことです。

20200929_takao_16.jpg

公園で昼食です。その後、多摩御陵に向かいました。その途中の公園内にヤマボウシが赤い実を付けていました。

20200929_takao_17.jpg

ゴールは多摩御陵です。現在は、正式には、「武蔵陵墓地」と呼ぶそうです。陵内には、アシウスギ(北山杉)の大木の参道があり、神聖な雰囲気でした。

20200929_takao_18.jpg
posted by m.ono at 09:17| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

里山へGo @ 姿見の池緑地

今日は東京都主催の『里山へGO!』というイベントが姿見の池緑地保全地域で開催され、スタッフとして参加しました。
参加者は2組に分かれ、筆者がついた組は、前半は、日影山の樹林地で下草刈りの体験をしました。

20200927_satoyama-go_01.jpg

笹を刈ると、キノコが沢山顔を出しました。
タマゴタケです。あちらこちらに生えていて、芽を出すところから傘が開いたところまで、同時に見ることができました。

20200927_satoyama-go_w_03.jpg

この白いキノコは何という名前でしょうか。

20200927_satoyama-go_w_06.jpg

後半は、水路の脇の緑地に戻り、竹工作で水鉄砲を作って遊びました。

20200927_satoyama-go_02.jpg

参加者は、皆さん、楽しんでいました。
posted by m.ono at 19:32| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする