2021年04月09日

並木町公園の砂川用水

普段置いている元町用水の水量が少ないので、こちらでクラフト水車を4台回しました。
並木町公園の脇を流れる砂川用水の護岸には、色々な花が咲いています。菜の花、ムラサキハナナ、カラスノエンドウ、ヘビイチゴ、ウシハコベ、アメリカフウロ、水仙、チューリップ、パンジー、ビオラ、エンドウ、シャガ、ハナニラ、オオイヌノフグリ、タンポポ、ヒエンソウ、筍、土筆、等々。

20210409_namiki-cho_01.jpg
posted by m.ono at 09:50| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

並木町公園の砂川用水

桜はほとんど終わりました。並木町公園の脇を流れる砂川用水の護岸の春はどんどん進みます。
エントランスではパンジーやビオラが可愛いです。

20210404_namiki-cho_01.jpg

一昨年植えたチューリップや水仙が今年も咲いています。

20210404_namiki-cho_02.jpg

シャガがハナニラとムラサキハナナの中に咲きました。カラスノエンドウも綺麗です。次は何が咲くか楽しみです。

20210404_namiki-cho_w_03.jpg
posted by m.ono at 08:41| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

並木町公園の砂川用水

並木町公園の脇を流れる砂川用水の護岸は春爛漫です。

20210331_namiki-cho_01.jpg

公園の桜は満開を過ぎて、散り始めています。

20210331_namiki-cho_02.jpg
posted by m.ono at 13:05| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

上水南町の稲荷神社の砂川用水

護岸工事のため10日間程止まっていた砂川用水の流れが、29日に戻りました。

20210331_kodaira_01.jpg

上水南町の稲荷神社の用水護岸には春の花が咲いています。手前右側はヒマラヤユキノシタ。左側はムラサキハナナ。右側の奥にはヤマブキとユキヤナギが咲いています。

20210331_kodaira_02.jpg

ユキヤナギの向こうには、シロヤマブキが咲いています。

20210331_kodaira_03.jpg
posted by m.ono at 15:29| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

イロハモミジ

自宅のイロハモミジの花が咲いています。2階のベランダから手が届くところに花が。目立たない花ですが、よく見ると、赤くてかわいい。

20210330_kokubunji_01.jpg

20210330_kokubunji_02.jpg
posted by m.ono at 17:36| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

綾南公園と南浅川沿いを桜を見ながら歩く

「桜を見る会」に参加して、綾南公園と南浅川沿いを桜を見ながら歩きました。
高尾駅の北口を出て、まず、大光寺に向かいました。枝垂桜で有名だと言うことですが、残念ながら花の時期は終わっていました。

20210329_sakura_01.jpg

石畳の隙間からマムシグサが顔を出していました。すごい生命力です。

20210329_sakura_02.jpg

その後、武蔵陵墓地に向かいました。通称、多摩御陵です。

20210329_sakura_03.jpg

ミツバツツジが見事に咲いていました。

20210329_sakura_04.jpg

スミレが沢山咲いていました。タチツボスミレでしょうか。

20210329_sakura_06.jpg

紫色の花の中に白い花が一輪咲いていました。これも、タチツボスミレの一種か。それとも、白花のニオイスミレでしょうか。よく分かりません。

20210329_sakura_05.jpg

御陵を出て綾南公園に入りました。ここの桜も見事です。

20210329_sakura_07.jpg

20210329_sakura_08.jpg

綾南公園でお昼を食べた後は、本日の一番の目的である南浅川の桜見物です。南浅川の両岸には、どこまでも桜並木が続いていて、今が満開、それは見事です。

20210329_sakura_09.jpg

20210329_sakura_10.jpg

枝垂桜が1本ありました。

20210329_sakura_w_12.jpg

カリンも咲いていました。

20210329_sakura_11.jpg
posted by m.ono at 22:01| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

朝の散歩道で

庭先に咲いていた目立たない小さな白い花は、グミの花でしょうか。ナツグミか、あるいは、トウグミかもしれません。

20210319_kodaira_w_01.jpg

黄色いカタバミの花。これは、オオキバナカタバミ(大黄花片喰)でしょう。南アフリカ原産で、明治時代に入って来た帰化植物。現在では、世界各地の温帯に定着しているそうです。

20210319_kodaira_w_03.jpg

ハナズオウ(花蘇芳)の花が咲いていました。アメリカハナズオウかもしれません。花蘇芳の名は、花弁の色がスオウ(蘇芳)で染めた色に似ているからとか。

20210319_kodaira_05.jpg

黄色い花は、シナミズキでしょう。雄しべの先端の葯が赤ではなく、濃い黄色であるのが、トサミズキと異なります。

20210319_kodaira_w_06.jpg

公園の桜は、開花し始めたところです。

20210319_kodaira_08.jpg
posted by m.ono at 18:05| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

並木町公園の砂川用水

今日の作業場所の隣の並木町公園です。菜の花とムラサキハナナが咲きそろいました。

20210317_namiki-cho_01.jpg

20210317_namiki-cho_02.jpg

ハナニラも咲き初めました。

20210317_namiki-cho_03.jpg

木の下にはノカンゾウの芽が綺麗です。

20210317_namiki-cho_04.jpg

こちらは、ヤマモモ公園脇の用水の護岸です。土筆を発見しました。

20210317_yamamomo_01.jpg
posted by m.ono at 22:20| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月12日

朝の散歩道で

紫色のモクレンが咲いていました。この色も上品な感じでいいですね。

20210312_kodaira_01.jpg

畑の道端にヒメオドリコソウ(姫踊子草)が咲いていました。よく見かけるので、日本に昔からあるものだと思ったら、ヨーロッパ原産で、明治中期に渡来した、帰化植物でした。主に本州を中心に分布して、特に東京周辺に多いそうです。

20210312_kodaira_02.jpg

その傍には、イモカタバミ(芋傍食)が咲いていました。花の中心部が濃い紫色で葯が黄色なのが特徴。良く似た「ムラサキカタバミ」は葯が白色なので、見分けられます。

20210312_kodaira_03.jpg
posted by m.ono at 15:30| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

並木公民館と並木町公園の砂川用水

3月8日に紹介した北町地域センターで咲いていたヒメリュウキンカ。並木公民館の砂川用水護岸にも植えたのでした。こちらも可憐に咲きました。

20210310_kominkan_01.jpg

20210310_kominkan_02.jpg

並木町公園の護岸の菜の花もふえました。月末には他の花と一緒に満開になるといいですね。

20210310_namiki-cho_01.jpg
posted by m.ono at 20:20| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする