2021年02月07日

姿見の池緑地

今日は、ブログ管理人が参加している美しい用水の会とは別の団体「姿見の池緑の会」の活動日でした。
昨年秋頃から国分寺地域では、「カシノナガキクイムシ」によるコナラのナラ枯れ被害が目立つようになりました。姿見の池緑地でも多くの被害が出ています。詳しくは、「国分寺市にふるさとをつくる会」の2月の会報をご覧ください。今日は、被害が見られるコナラの中で10本を選んで「カシナガブロック」を幹に噴霧して病害虫の侵入・脱出防止の対策を試験的に行いました。

20210207_sugatami_w_01.jpg

20210207_sugatami_w_03.jpg

昨年の秋から雨が殆ど降っていないため、姿見の池の上流の水路の水は非常に少なくなっています。

20210207_sugatami_05.jpg

姿見の池はまだまだ冬の静けさですが、カモがのんびり泳いでいます。

20210207_sugatami_06.jpg

20210207_sugatami_07.jpg

地面には虫が動き出したのでしょうか、ムクドリがついばんでいました。

20210207_sugatami_w_08.jpg

姿見の池から帰る途中の線路沿いの歩道にロウバイが咲いていました。

20210207_sugatami_w_10.jpg
posted by m.ono at 20:42| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする