2020年09月22日

榎戸水車

国分寺市内の新田開発の史跡や遺構をご紹介する第4回目は、榎戸水車です。五日市街道を立川市と国分寺市の境から少し国分寺市に進み、カレー店の脇を南側に入ったところを流れる砂川用水にその遺構があります。

水車は、現在は残っていませんが、明治43年に、榎戸家が穀類の精白の営業のために設置したものです。水車が設置されるまでに、文化4年(1807)から3回にわたり申請されましたが認められず、4回目にしてやっと実現したものです。設置には、近隣の水路関係者と水利組合、監督官庁である東京府の許可を得る必要がありました。用水は、それだけ人々の生活にとって重要なものであることを物語っています。

水車用水路は、本水路から北側に分岐し、水車を回してから本流に戻る構造でした。水車は、水を水車の下の方に掛ける「下掛け」方式で、水車小屋の外に設置されていました。昭和28年にディーゼルエンジン式を導入するまで使用されていました。

07-02_suisha_01.jpg

07-02_suisha_02.jpg
取水用の堰周辺水路図

07-02_suisha_03.jpg
下掛け水車

参考資料:
【国分寺市教育委員会『榎戸水車調査報告書』(令和2年3月)】
posted by m.ono at 10:38| 国分寺市の史跡めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする