2020年08月31日

朝の玉川上水

今朝は気分を変えて、多摩湖線の踏切から玉川上水を上流側に少し歩いてみました。写真の左側は玉川上水。右側には新堀用水が流れています。
20200831_josui_01.jpg

シラヤマギクが咲いていました。地面から茎を高く伸ばして花をつけるとのことですが、蔓草などに絡まれ頑張って顔を出している感じです。別名をムコナ(婿菜)といいます。ヨメナに対して付いた名前で、いずれも若芽が春の山菜だそうです。
20200831_josui_w_02.jpg

ヤマハギがあちらこちらに咲いていました。
20200831_josui_w_04.jpg
posted by m.ono at 15:10| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

朝の散歩道で

9月の声を聞こうというのに連日の猛暑。遠出する気分になりません。今日もまた朝の散歩の話題で失礼します。
垣根から顔を出していた、紫色の花。調べてみたら、アメリカフジとありました。原産はアメリカ合衆国のバージニア州からテキサス州あたりとのことです。日本のフジと違って、蔓がそれほど伸びず、花序も垂れないそうです。二期咲き性だそうで、今頃咲いているのかも。
20200830_kodaira_01.jpg

玄関の門扉に絡ませてありました。マンデビラという花でしょうか。
20200830_kodaira_02.jpg

住宅のフェンスに沿って何株も咲いていました。シュウメイギクでしょうか。8月20日に砂川用水の護岸に咲いているのを紹介しました。あちらは結構大きな株でしたが、こちらば小さい株が沢山咲いていました。
20200830_kodaira_w_03.jpg
posted by m.ono at 15:22| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

朝の散歩道で

8月12日にハナトラノオを紹介しました。こちらは別の場所のものです。空き地に群生していました。オシロイバナと覇権を争っています。
20200828_kodaira_01.jpg

道端のちょっとした空き地にノゲシが茂っていました。雑草のイメージにピッタリです。蔓草に絡まれて苦しそう。
20200828_kodaira_w_02.jpg
posted by m.ono at 16:58| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

ヤマモモ公園脇の砂川用水

朝晩はやや涼しくなりましたが、日中は猛暑が続いています。ヤマモモ公園の脇を流れる砂川用水の護岸にキバナコスモスが随分咲きました。背丈が高くなり過ぎないように、切揃えています。うまく育つと良いのですが。流れも見えて秋が楽しみです。

20200826_yamamomo_01.jpg
posted by m.ono at 20:31| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

朝の散歩道にニラの花?

朝の散歩道に白い可憐な花が咲いていました。道路脇のコンクリートの隙間からすーっと伸びて。ニラの花のように思えます。こんなところに?
別名「二文字(ふたもじ)」とも呼ばれます。近世の女房詞(にょうぼうことば)に由来するそうで、ネギの古名の岐(き)が一文字であるのに対し、ニラ古名の爾良(にら)は二文字で書くことからとか。

20200826_kodaira_w_01.jpg
posted by m.ono at 11:10| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

小平市上水中学の北側の用水

今朝の小平市上水中学北側の稲荷神社のところの砂川用水です。岸辺に咲いているオシロイバナが鮮やかです。
20200825_kodaira_01.jpg

フヨウの白い花が咲き始めました。その向こうに赤い花も見えます。八重咲きのスイフヨウでしょうか。朝に白い花を咲かせ、午後にはしぼんで赤くなるそうです。そこで、人が酒に酔った様子になぞらえて「酔芙蓉」という名前になったとか。
20200825_kodaira_02.jpg
posted by m.ono at 13:47| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

稲荷神社裏の用水の脇に花

五日市街道の西武多摩湖線の踏切のすぐ東側に稲荷神社があります。その裏手の砂川用水の脇に、クローバーのような葉の草に小さな花が咲いていました。ハナカタバミでしょうか。オキザリス・ボーウィー(Oxalis bowiei)とも呼ばれます。南アフリカ原産で、江戸時代の末に観賞用として入ってきました。
1月21日に紹介しましたが、再び咲き始めました。これからが開花期らしいです。「曇っていたり日陰になったりすると花を閉じる」とのこと。早朝のこの時間、開いているのが見られません。

20200824_kodaira_w_01.jpg
posted by m.ono at 10:17| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

セミの羽化

8月11日のセミの幼虫の写真を知り合いとシェアしたら、そのまた知り合いからこんな写真が届きました。幼虫を自宅に持って帰ったら、羽化したそうです。

20200823_semi_01.jpg

20200823_semi_02.jpg
posted by m.ono at 21:25| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

姿見の池

仲間からいただきました。夕方の姿見の池緑地での一コマです。

用水路の際に数珠玉の花が咲いていました。もう直ぐ実が熟しそうです。
20200822_sugatami_01.jpg

橋の欄干にフクロウが止まっているので野生が来た?と1瞬足が止まってしまいました。よく見るとフクロウの足にリードがついていました。散歩に来ていた人のペット「モフモフ」ちゃんでした。散歩の犬が通るたびに怯えているので、飼い主がフクロウの視界に犬が入らないようにガードしていました。
20200822_sugatami_02.jpg

カワセミ。こちらも欄干の上に止まりました。珍しい行動です。いつもは池に張り出している木の枝に止まっているのですが、人間に慣れてきたのでしょうか。ただし4mぐらいの距離を保っています。コツコツと足音が近づくとさっと飛び立ちます。日影山の茂みに棲みついたようです。
20200822_sugatami_03.jpg
posted by m.ono at 13:15| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

砂川用水とヤブラン

小平市上水中学北側の稲荷神社のところの砂川用水の岸にヤブランが咲いていました。
下の写真は斑入り葉のヤブラン。こちらは住宅の玄関の植え込みに咲いていました。

20200821_kodaira_w_01.jpg

20200821_kodaira_03.jpg
posted by m.ono at 08:44| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする