2020年05月31日

朝の散歩道で

朝の散歩は、同じ道を歩いているのに、毎日違う花を見つけます。
庭の入口に、白いブラシのような花が咲いていました。コバノズイナ(小葉の髄菜)でしょうか。その中の「リトルヘンリー」という品種と思われます。原産地は、北アメリカの南東部で、明治時代に渡来した園芸種です。名前の由来は、日本に自生する同属のズイナより葉が小さいことからとのことで、別名をアメリカ随菜(アメリカズイナ)とも呼ばれています。

20200531_kodaira_w_01.jpg
posted by m.ono at 12:04| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

朝の散歩道で

道を歩いているとキンシバイをよく見かけます。黄色い鮮やかな花なので、目を引きます。朝の散歩道でも、建物と道路のわずかな隙間に大きな株が花を咲かせていました。キンシバイ(金糸梅)の名は、花の形が梅に似ており、色が黄色であることからだそうです。
20200530_kodaira_w_01.jpg

縁が赤く中心部が白い花が咲いていました。変わった花だなと思いましたが、どうやらサツキの一品種のようです。「真如の月」とか「月光」とか言う品種ではないかと思われます。
20200530_kodaira_w_03.jpg
posted by m.ono at 11:28| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

ドクダミの花

朝のドクダミの花の写真に呼応して、仲間から八重咲のドクダミの写真をいただきました。市役所の近くを歩いていたら、民家のブロック塀沿いに、白いホタルブクロと一緒に咲いていたそうです。

20200528_kokubunji_w_01.jpg
posted by m.ono at 22:22| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小平市上水中学の北側の用水

砂川用水は護岸工事は、26日(火)で終わったはずですが、まだここまで流れは復活していません。
20200528_kodaira_01.jpg

用水の脇に、ドクダミがびっしり生えて、花を咲かせています。庭に生えれば厄介な雑草扱いですが、ここでは可憐な野草になります。人間の感覚は、その時々で勝手なものです。
20200528_kodaira_w_02.jpg
posted by m.ono at 10:30| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

姿見の池緑地と街角の花

仲間から姿見の池の緑地と市内の街角に咲いていた花の写真をいただきました。紹介します。

戸倉4丁目の都営アパートのフェンスにホタルブクロ(蛍袋)が咲いていました。毎年咲きますが、今年は早いです。名前の由来には、「子供がこの花に蛍を入れて遊んだことから」と「花の形状が提灯に似ていて、提灯の古い呼び方の「火垂る袋」から」の二つの説があります。
20200526_tokura_01.jpg

姿見の池の緑道に、ナツトウダイ(夏燈台)咲いていました。目立たない花です。名前の由来は、皿に菜種油を入れた灯明に、花の形が似ていることからだそうです。
20200526_sugatami_01.jpg

日影山には、フタリシズカ(二人静)とナルコユリ(鳴子百合)が咲いていました。
フタリシズカの名前は、2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたものだそうです。
20200526_sugatami_02.jpg

ナルコユリの名前は、弓のような茎の下に、花が並んでぶら下がっている様子が、害鳥を追い払うために田畑に置いた、「鳴子」に似ているからとか。
20200526_sugatami_03.jpg
posted by m.ono at 14:40| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の散歩道で

道端に大きな株の木に花が咲いているので、目につきました。カシワバアジサイです。たまたま通りかかった婦人がアジサイの一種だと教えてくれました。調べてみたら、アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属です。葉の形がカシワに似ていることから、この名がついたとのことです。
20200526_kodaira_w_01.jpg

白い花のムラサキツユクサを見つけました。調べてみたら、花の色は、青、紫、ピンク、白と色々あるようです。紫色と並んで咲いていました。
20200526_kodaira_w_03.jpg

20200526_kodaira_w_05.jpg
posted by m.ono at 10:46| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

小平市上水中学の北側の用水

砂川用水は護岸工事のため、26日(火)まで流れが止まっています。
20200525_kodaira_01.jpg

用水の脇に、タチアオイが咲き始めました。花は垂直に伸びた花茎を下から上に咲き上ってゆくそうです。
20200525_kodaira_02.jpg

20200525_kodaira_w_03.jpg
posted by m.ono at 11:24| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

姿見の池と途中の道端の花

姿見の池を歩きました。久しぶりの晴天で、多くの親子がザリガニ釣りをしていました。最近、この池ではちょっとしたブームになっているようです。
20200524_sugatami_01.jpg

行く途中。熊野神社通りの西武国分寺線の東側の道路予定地には、草が一面に生えています。道端にはヒルガオが咲いていました。
20200524_hirugao_01.jpg

こちらは、言わずと知れたシロツメクサ。
20200524_shiro-tsumekusa_w_01.jpg

ピンク色の花も一面に咲いていました。アカツメクサと思われます。シロツメクサの一種で、モモイロシロツメクサと言うものもありますが、アカツメクサは、シロツメクサとは、葉の付き方が違うようです。
20200524_aka-tsumekusa_w_01.jpg
posted by m.ono at 17:41| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

並木町公園の砂川用水

こちらは、並木町公園に沿って流れる砂川用水の護岸です。ヘビイチゴの大きな実がなっていました。

20200520_namikicho_01.jpg
posted by m.ono at 18:13| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臨時美化作業(ヤマモモ公園)

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、砂川用水の定例の美化作業を中止していますが、植物の成長は待ってくれません。必要に応じて臨時の作業を行っています。
砂川用水は、今日もさらさらと流れています。
20200522_yamamomo_01.jpg

用水の護岸の菜の花の種を収穫しました。来年に向けて、秋にまた、種を蒔きます。
20200522_yamamomo_w_02.jpg

ヤマモモ公園では、花壇や公園の縁の草を抜きました。
20200522_yamamomo_w_04.jpg
posted by m.ono at 13:18| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする