2019年09月07日

恋ヶ窪村分水の草刈り

恋ヶ窪村分水遺構の東側は遊歩道になっています。遊歩道の東側の畑との間の樹林地は、アズマネザサが腰ほどにまで成長し、その上をクズが覆う状態になっていました。この樹林地は、美しい用水の会が市と協定を結んで活動する場所にはなっていませんが、市に申し出て、9月4日に、草刈りと樹木の下枝の剪定を行いました。
草刈りは思いのほか手強く、10人で作業をしましたが、3時間かかってお昼になり、今日の作業は終了。10メートルほど残ってしまいました。皆、バテバテでした。市と相談して、日を改めて作業を行う必要があります。

20190904_koigakubo_w_01.jpg

自然の保全に配慮して、草を10~20cmの高さに刈りました。草を刈った部分は、明るく見通しが良くなりました。何組かの老夫婦が「明るくなって、歩くのが楽しい」と言ってくれました。喜びになります。

20190904_koigakubo_w_03.jpg
posted by m.ono at 10:06| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする