2018年12月30日

小平市上水中学の北側の用水

久しぶりに小平市の上水中学の北側の用水のところを歩いたら、しっかりと水が流れていました。右の写真は、稲荷神社の境内から撮ったものです。
岸辺には、ヒマラヤユキノシタらしきピンク色の花が一輪咲いていました。ちょっと早いかなという感じです。

20181230_kodaira_w_01.jpg

20181230_kodaira_03.jpg

posted by m.ono at 21:13| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

メリークリスマス

美しい用水の会のK氏から、クラフト水車でメリークリスマスの贈り物です。
世界中が幸せでありますように。

12月24日まで毎日、おたカフェの前の用水で回っています。
posted by m.ono at 20:07| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

美化作業(並木町公園西)

砂川用水は私有地内を流れる部分が多く、今回作業した並木町公園の西側も農園の脇を流れています。今年3回目の作業でしたが、草の繁茂が激しく、8日と9日の2日間の作業となりました。水路の中と護岸の草を刈り、90リットル袋が19袋分になりました。
農園経営の方も護岸の草には往生しています。用水の景観を維持しながら、草ぼうぼうにならない方策を考える必要があります。当面、シートを張って、雑草が伸びるのを押さえますが、早急にどのようにするかを考えることにしています。

20181208_namiki_west_w_01.jpg
posted by m.ono at 18:10| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

美化作業(ヤマモモ公園)

今回は、ヤマモモ公園の整備を集中して行いました。
草ぼうぼうになっていた花壇を耕して、草花の種を蒔き、球根を植えました。春が楽しみです。

20181203_yamamomo_w_01.jpg

公園の中の落ち葉も掃きました。さっぱりと綺麗になりました。

20181203_yamamomo_w_02.jpg
posted by m.ono at 18:47| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

玉川上水と分水網のシンポジウム参加の報告

12月1日に法政大学市ヶ谷キャンパスで開催された「多摩から江戸・東京をつなぐ水循環の保全と再生 第3回シンポジウム」に参加しました。
今回の主題は、「市民が選ぶ玉川上水と分水網の関連遺構100選」でした。
選定の目的は「各地域に刻まれた遺構や痕跡をたどり、羽村堰から玉川上水と分水網、江戸市中、東京湾まで連なる膨大な自然・歴史文化の展開を実感する」ことであり、文化財としてではなく、市民が大切に思い残しておきたいと思っているところを選ぶものです。
関連市民団体から提案された229件の中から、7名の選考委員の協議により106件が選ばれました。
国分寺からは、
①「国分寺を潤す水路」として砂川用水(南野中分水)
②「榎戸水車遺構」
③「恋ヶ窪分水復活遺構」
の3件が選ばれました。
正式には来年3月頃に公表される予定です。
シンポジウムはその後、玉川上水の水を外濠に通水するプロジェクトの現状報告とパネルディスカッションがおこなわれました。外濠通水に関して、少しづつではあるが、行政が動き始めているとの、力強い報告がありました。「通水からはじまる、東京の健全な水循環」「先人が苦労して培ってきたものを、我々はどのようにして後世に残してゆくか」報告者とパネリストの熱い思いが伝わってきました。

20181201_bunsui_iko_map.jpg
写真を拡大表示
posted by m.ono at 08:30| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする