2017年08月21日

草との格闘

8月20日 五日市街道沿いの鎌倉パスタ駐車場裏手には今、5月に蒔いた向日葵が咲いているがその根元は腰ほどまでの高さで稲系の草が茂っている。6月16日にきれいに刈り込んだが、草の成長の早さに驚かされる。
草刈り機で幅2m長さ20mほどの護岸上の草を刈り込む。ポカリスエットがのどを癒す。
2017.08.21_DSC_06955B15D.jpg
posted by m.ono at 20:20| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンポジウム参加

8月19日両国の東京都江戸東京博物館大ホールで開催された「多摩から江戸・東京をつなぐ水循環の保全再生」
シンポジウムに参加しました。このシンポはユネスコプロジェクト未来遺産2016に選定され我々も参加している玉川上水ネットと中央大学、法政大学、日本大学、東京理科大学、東京大学による実行委員会の共催で、
東京オリンピック・パラリンピックを契機として、玉川上水とその分水網に試験通水すると同時に、外堀と日本橋川の浄化を目指そうとする活動のキックオフ的シンポジウムです。玉川上水ネットと実行委員会は、この試験通水で実際に水を流すことにより、理論値ではない実際値を検証し、水の都東京の水循環を目指すものです。シンポでは、日本橋の上を通る高速道路を撤去し、美しい流れの日本橋川を造りだそうとする「日本橋水辺再生研究会」代表から夢のある計画も披露され、玉川上水が生み出す流れの広がりを痛感しました。
「美しい用水の会」から3名が参加し、砂川用水の水が常に流れ、さらにお堀の水がきれいになり、日本橋まで多摩川の水が流れこむことを想像しながら、帰りにビールを傾けながらそれぞれの感慨にふけりました。
2017.08.21_000025.jpg
posted by m.ono at 19:54| 諸々の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

小平市上水中学の北側の用水

8月15日以来の小平ルートの朝の散歩です。
先日発見した用水の流れは止まっていて、もとの空堀に戻りました。
残念。
DSC_0060a.jpg
posted by m.ono at 09:37| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

「美しい用水の会」のホームページ開設

美しい用水の会のホームページを開設しました。
ご覧ください。
posted by m.ono at 23:06| 連絡・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

小平上水中学の北側まで水が流れていました

朝の散歩で小平市上水中学の北側の用水路まで通水が来ているのを発見。
国分寺市を流れる砂川用水の水はここまで来ています。
しかし、ここまで流れているのを見るのは本当に稀です。今年2月以来です。
砂川用水は別名深大寺用水と言って、往時は深大寺まで流れていましたが、
現在はこの先の整備状況が悪いので、ここで下水に流しこんでしまいます。
もったいない。
久しぶりにここまで来ているのを見て、小躍りしたい気分です。
DSC_0059a.jpg
posted by m.ono at 10:21| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

美しい用水の会発足

国分寺市には、市の’水と緑’をどのように保全してゆくかの方針とその方針を如何に実現するかの活動計画を規定した「国分寺市緑の基本計画実施計画書」があります。その中で国分寺市内を流れる砂川用水(旧野中新田分水)に関しては、用水の現況調査を平成29年度内に完了し、平成30年度からその保全、維持管理の在り方の検討に入ると規定されています。平成24年度から開始された砂川用水美化活動は今年で5年目に入りましたが、この計画書に沿って、来年度から将来を見据えた美化活動を展開してゆくことが必要です。いままで、ミズモリ団が中心となり美化活動を展開してきましたが、これからは多くの市民が参加し・考え・実行できる砂川用水美化活動として発展してゆく必要があります。市民が自由に参加し、おおいに語り合い、様々な発想で、300年の歴史を持つ砂川用水の保全や維持管理の仕方など考えてゆく必要があります。

●「美しい用水の会」は、
   どなたでも参加できる会です。
●「美しい用水の会」は、
   砂川用水の保全・維持管理を皆で考える会です。
●「美しい用水の会」は、
   砂川用水を常時多摩川の水の流れる美しい流れにする美化活動の会です。
●「美しい用水の会」は、
   子供たちに砂川用水300年の歴史を引き継いでゆく会です。

皆さん、ご自由に参加ください。
                                      佐藤 敬臣
posted by m.ono at 21:18| 連絡・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする