2020年10月19日

朝の散歩道で

住宅の玄関先に咲いていた珍しい花。赤いのが花かと思ってよく見ると、中心の地味な花を取り囲む葉でした。ヴァイオリンのような形の葉の基のほうが赤くなっています。ショウジョウソウ(猩猩草)と呼ぶらしい。猩猩とは中国の想像上の動物で、その赤い顔に喩えたものとか。

20201019_kodaira_w_01.jpg

その脇には、シャリンバイの黒紫色の実が熟していました。

20201019_kodaira_w_03.jpg
posted by m.ono at 17:05| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

用水季報(秋号)発行

美しい用水の会の「用水季報」(第3号・秋号)を発行しました。
ホームページでご覧いただけます。
posted by m.ono at 20:31| 連絡・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

美化作業(ヤマモモ公園)

10月に入って、草の勢いが収まってきましたが、花壇の中のキバナコスモスは背丈が伸びすぎています。

20201016_yamamomo_w_01.jpg

広場の草刈りと樹木の剪定をおこないました。花壇のキバナコスモスは高さを抑えて切り揃えました。

20201016_yamamomo_w_03.jpg

20201016_yamamomo_w_05.jpg

20201016_yamamomo_07.jpg

用水の上流の護岸のキバナコスモスは、伸びすぎないように刈り揃えていますが、それでも凄い勢いです。

20201016_yamamomo_08.jpg

中流部と下流の暗渠部分は、もう草の勢いはありませんが、ところどころに伸びている草を草刈り機で刈りました。

作業前
20201016_yamamomo_w_09.jpg

作業後
20201016_yamamomo_w_11.jpg
posted by m.ono at 15:38| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

並木町公園の砂川用水

昨日10月14日の並木町公園の脇を流れる砂川用水です。
護岸のコキアが色付き始めました。
今年も菜の花の種を蒔きました。公園に来ていた親子連れ何組かが手伝ってくれました。ムラサキハナナの芽も出てきて、護岸は来春の準備が始まっています。

20201014_namikicho_01.jpg

20201014_namikicho_02.jpg
posted by m.ono at 09:55| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

自宅の庭で

友人からいただきました。自宅の庭の秋です。
サンザシの実が色付きました。中国中南部の原産で、江戸時代に中国から薬用の樹木として小石川御薬園に持ち込まれたのが始まりだそうです。

20201014_kokubunji_w_01.jpg

今年はフェイジョアも沢山の実が付いています。 花もエキゾチックですが、果実もグリーンで特徴があります。

20201014_kokubunji_03.jpg

これは、ジョウロウホトトギス(上臈杜鵑草)。上臈とは、江戸幕府大奥の高位の職名です。高貴な姿を、優雅な貴婦人に見立てたとか。

20201014_kokubunji_w_04.jpg
posted by m.ono at 17:22| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美化作業(並木町公園西側)

10月5日の作業でやり残した部分の草を刈りました。護岸も水路の中も草がびっしり茂って、水路を覆い隠していました。

20201014_namikicho-nishi_01.jpg

前回草を刈ったところには、セキショウを植えました。

20201014_namikicho-nishi_02.jpg

2時間悪戦苦闘して、なんとか刈り終わりました。その後は袋詰めです。かなり大変な作業でした。

20201014_namikicho-nishi_03.jpg

それでも、刈り終わった後は、ご覧の通り。すっきりなって、気持ちが良いものです。

20201014_namikicho-nishi_04.jpg
posted by m.ono at 17:17| 美化活動作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

朝の散歩道で

垣根の隙間にホトトギスが咲いていました。漢字で書けば「杜鵑草」。花弁の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることから名づけられたとか。

20201013_kodaira_01.jpg

家の脇に植えられているシュウメイギク。花が沢山つくようになりました。

20201013_kodaira_02.jpg

ピラカンサの実が赤く色づいています。

20201013_kodaira_03.jpg

空き地に咲いていた小さいが鮮やかな花。ランタナと言うらしいです。南アメリカ原産で、南の暖かい地方に自生しているらしい。繁殖力が強くて、熱帯地域では、要注意外来種になっているそうです。そう言われると、南国的な色の花です。この辺では冬は枯れてしまいます。

20201013_kodaira_w_04.jpg

その脇には、ハナトラノオが美しく咲いていました。

20201013_kodaira_w_06.jpg
posted by m.ono at 18:34| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小平市上水中学の北側の用水

朝の散歩で、久しぶりにお日様を拝むことができました。陽の光を背中に浴びて、シュウメイギクが用水の水面にくっきり映っているのが見えました。

20201013_kodaira-yosui_01.jpg
posted by m.ono at 08:55| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

雨上がりの朝の散歩道で

少し前に咲き始めたと思ったキンモクセイ。3日間降り続いた雨の後の朝、この通り。花びらが地面に広がっていました。公園の植え込みも。玄関先のガレージにも。

20201011_kodaira_01.jpg

20201011_kodaira_02.jpg

ギンモクセイの花びらも。

20201011_kodaira_03.jpg

カキが色づきました。実の形から、富有柿のような。

20201011_kodaira_04.jpg
posted by m.ono at 16:52| 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小平市上水中学の北側の用水

小平市上水中学北側の稲荷神社のところの砂川用水です。3日間降り続いた雨の後、水量は増えた感じがしますが、白く濁っています。

20201011_kodaira-yosui_01.jpg

20201011_kodaira-yosui_02.jpg
posted by m.ono at 09:11| 日々の砂川用水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする